忍者ブログ
パラレルやあたしの趣味を中心とした二次創作小説・オリジナル小説ブログです。苦手な方はお戻り下さい。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 今回は<彼女の好きなところ~第5話~>です。本編の前に、登場人物紹介をしておきます。

<第3~4話より登場の人物>

木之本 桜(きのもと さくら)・・・小狼の彼女。

三原 千春(みはら ちはる)・・・山崎の幼馴染で、彼女。


<第5話より登場の人物>

雨寺 露茄(あまでら つゆな)・・・あきらの従姉。あきらと同じ灰色の瞳でショートの黒髪。僕っ子。※露茄についてはこちらの小説も参照。

雨寺 露妃(あまでら つゆひ)・・・露茄の姉で、あきらの従姉。

*この小説はオリジナルキャラを含むので、苦手な人はお読みにならないで下さい。大丈夫な方は下記からご覧下さい。
<彼女の好きなところ~第5話~>


小狼「この店のクレープは物凄く、美味いんだ!ん!?」

(ここは話題を変える事にするか。なっ!?どうして、さくらがここに居るんだ?それに、三原も!)

 小狼はクレープ屋に桜と千春が居る事に驚く。

あきら「痛い!コラッ!どこへ、連れて行こうとしてるんだ?」

 小狼はあきらの手首を無理矢理、掴んでクレープ屋から遠避ける。

小狼「ここは駄目だ!良いから、お前は何も言わずに、俺に付いて来れば良いんだ!」

あきら「わっ、分かったから、放してくれ!」

 小狼はあきらに言われ、手首から手を放す。

小狼「ここなら、大丈夫だ!」

 小狼達は定食屋にやって来た。

あきら「ここは止めといた方が・・・」

小狼「何か、都合の悪い事でも有るのか?」

 小狼はあきらに問う。



 小狼達は店に入ると、あきらと同じ瞳の色の黒髪の短いセーラー服の少女が天ぷら蕎麦を食べていた。

雨寺露茄(以下:露茄)「あっ、あきら!久しぶりだね!ボクと会うの、何年ぶりなのかなぁ?後、そちらの子は誰?」

 露茄はあきらと小狼に気付くと、ニッコリと微笑み掛けた。

あきら「ユナ!?」

小狼(ぼ、僕!?)

「あ、あの、初めまして、俺は雨寺の友人の李小狼です。」

露茄「ふ~ん、李君か!こちらこそ、初めまして!ボクはあきらの従姉の雨寺露茄だよ。全寮制の女子高のカナリヤ女子学園に通ってるんだ。因みに、学年は1年生だよ。」

 露茄はニッコリと微笑む。

あきら「ユナ!どうして、お前がここに居るんだ?」

露茄「ん?たまには、外で食べたいと思ってさ、いつも、学校の中だと窮屈で疲れるんだよな!それがどうかしたのか?」

あきら「理由はそれだけじゃないだろ?」

小狼「というと?」

あきら「何か、嫌な事が遭ったら、いつも、こうなんだ。」

 あきらは小狼に伝える。

露茄「あれっ、分かっちゃったか!実はね、最近、うちの学校内に在る礼拝堂で鋳薔薇の化けもんが出てて来てさぁ、それを退治してくれないかって、依頼された訳なんだよ。ボクはああいうの気持ち悪くて、苦手なんだよね。君達、ボクの代わりに退治してくれないかなぁ?頼むよ!」

 露茄はあきら達に自分の仕事を押し付ける。

あきら「っていうか、お前はそこを女子高だっていう事を忘れてないか。僕達は男だから、無理!」

小狼「ああ、実は俺、女子そのものが苦手なんです。でも、雨寺はギリギリ行けるんじゃないか?」

 あきらは小狼に意地悪っぽく言われ、ムッとした顔をした。

露茄「あ~あ、それは仕方ないな。でも、お姉は仕事で忙しいさ、頼むのがしゃくなんだよね。」

 露茄の姉というのは露妃の事である。

露茄「コラッ!あきら、どこへ行くんだよ?」

あきら「直ぐ、戻って来る。」

 あきらは店の外へ、出て行ってしまった。

露茄「君が可笑しな事を言うから、出て行ったじゃないか!どうしてくれる訳?」

小狼「俺のせいじゃないです。元々の元凶は貴女ですよね。」

露茄「李君はあきらを女装させて、囮にするつもりなんだろ。その隙に、自分が片付けるみたいな。」

小狼「ち、違います。」

露茄「何が違うのかな?違うなら、証明してみてよ?」

 露茄は怒った顔で小狼に言った。

小狼(言い返す言葉が見当たらない。この人が言ってる事は本当だから。)

 数分後、2人の前にあきらが戻って来る。彼は2人のやり取りを見て、ますます、不機嫌な顔になった。

あきら「・・・もう、いい加減にしてくれよ!見ているこちらが腹が立つ。」

小狼(ここは正直に謝るべきなんだろうか?)

露茄「ボクは全然、悪くないからね。」

小狼「あの、もう、そこらへんで止めといた方が・・・」

あきら「ああ、その事なんだけど、代わりに行ってくれる人が見つかったら。」

小狼「な、何だって!?」

露茄「ふ~ん!じゃあ、良いや。今直ぐ、その人を連れて来て?」

あきら「いや、それは無理!会うのが、凄く、気不味い。」

小狼(一体、誰なんだ?)

露茄「それって、幼馴染の子だよね。」

 露茄は自信満々に言う。

あきら「だ、だったら、何だって、いうんだよ!」

 あきらはムキになる。

あきら「つばきさんが『私が行ったら、目立つから嫌なんですの!』って、言ってた!後、つばきさんが『目に目を。歯には歯を。作戦!!』って、言ってたけど、どういう事なのか、さっぱり、判らない。」

 あきらは困った顔で言った。

小狼「何だ、それは?」

(つばきさんも、大道寺と同じ、変な事を言うんだな。)

露茄「彼女が君達に何か、したの?」

あきら「そ、それを聞かれると、すっごく困る。」

小狼「俺は知ってるけど、言いたくない。」

露茄「何々!すっごく、気になるじゃん!」

 露茄は興味津々だ。

小狼「・・・藤堂は何人もの男子と付き合っていたそうだ。でも、それは同じ部の後輩と先輩なんだ。」

 あきらは小狼に言われ、凹んだ顔をしていた。

あきら「だから、言うなって、言ったのに。」

露茄「何て、恐ろしい子なんだ。でも、そういう経験、ボクは無いからさ。だって、ボクはあきらに一途なんだもの。」

 露茄は嬉しそうに言った。

 あきらはそんな露茄を無視する。

小狼「仰りたい事はそれだけですか?」

露茄「ん?それ以外に何が、有るんだよ?」

小狼「用が無いんなら、帰って下さい!」

露茄「言われなくても、帰るけど。」

 露茄は小狼に言うと、定食屋を出て行った。

小狼「俺達も何か、食べようか?」

あきら「う、うん、そうだな。」

 あきらは相槌を打つ。

 あきらは山菜蕎麦を頼み、小狼はとろろ蕎麦を頼んだ。

 小狼とあきらはそれぞれ食べ終わると、定食屋を出た。

小狼「俺の家に来ないか?お前に話したい事が有るしな。」

あきら「僕は無いけど。」

小狼「良いから、来いよ!」

 小狼に無理矢理、あきらは連れて行かれた。


第6話に続く


~お知らせ~

 <彼女の好きなところ~第6話~>の前に、番外編の<鋳薔薇と女子高生の甘い罠>をこちらにて、更新します。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧
プロフィール
HN:
心美(ここみ)
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1986/01/06
自己紹介:
本館・ブログ・企画ブログのHNは碧 茶々(みどりちゃちゃ)です。
カレンダー
Since.12.04.
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
忍者カウンター
キリ番Next1111/Next1212
キリ番を踏んだ方は御連絡を頂けると有り難いです。後、キリ番の方のみ小説のリクエストを受け付けます。By心美(ここみ) リクエストで書ける物:ボカロ場合は基本リンレン(レンGUMIでもOK),CCSなら、桜小狼・小狼知世・小狼山崎・コラボ:ボカロまたはオリジナルキャラクター(下記を参考にして下さい。)*但し、あたしはエリオル・桃矢・雪兎は書くのは苦手です。,オリジナルキャラクターオンリー(オリジナルキャラクターのプロフに関しては本館のカテゴリーの登場キャラ紹介(色々)を御覧下さい。
最新コメント
[10/03 こかげ]
最新トラックバック
Copyright ©  -- わかばいろさくらいろ~夢の世界へ~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by White Board

powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]